薬について

薬について

軟膏の選択

軟膏ステロイド剤の強さを決めるのは、症状と塗る場所によって決まります。
 皮膚の場所により吸収率が違うので、症状が同じでも使用する薬剤は変わることになります。
 
免責事項
このページは制作者の知識をもとにまとめたもので、勘違いや、記載ミスなどもあると思いますので、
妥当性や正確性を保証するものではありません。
ページに記載された内容により生じるいかなる損害について責任を負うものではありません。 

ステロイド剤の強さと、部所による吸収量の違い

最も強力    デルモベート プロピオン酸クロベタゾール
かなり強力   ダイアコート 酢酸ジフラゾン
リンデロンDP ジプロピオン酸ベタメタゾン
マイザー ジフルプレドナート
トプシム、シマロン フルオシノニド
アンテベート 酪酸プロピオン酸ベタメタゾン
テクスメテン、ネリゾナ 吉草酸ジフルコルトロン
強力      エクラー プロピオン酸デプロドン
ボアラ、ザルックス 吉草酸デキサメタゾン
リンデロンV(VG)、ベトネベート 吉草酸ベタメタゾン
プロパデルム プロピオン酸ベクロメタゾン
リドメックス 吉草酸酢酸プレドニゾロン
中程度 ロコイド 酪酸ヒドロコルチゾン
アルメタ プロピオン酸アルクロメタゾン 
 
部所による吸収量の違い(腕を1とすると)

数字が大きいほど吸収率が良い事になり、小さいほど悪くなります。部所 吸収量
ほほ 13.0
腕 1.0
陰部 42
足の関節 0.42
足のかかと 0.14


よって、ほほ(顔)などは弱いぬりぐすりでも効果は高くなり、
かかとなどは、なかなか効きにくいことになります。