プチ鬱

プチうつ

そして、もうひとつ大切なこと、
それは誰か話をできる人がいること。
ストレスはためこまずに、
その日のうちに解消させてしまいましょう。
精神的なことを周囲の人に話しにくいときは、
電話相談や電子メールの
相談なども利用する方法もあります。
「今日もいい1日だったな~」
とばかりはいかない毎日、
「あ~ストレス解消、解消」
を口実に大好きなチョコレートを口に放り込む私です。
さて、ストレスが加わると体内ではそれに対抗しようと
ホルモンが分泌されるので、さまざまな栄養素が必要となります。
(ビタミンC、ビタミンB群、たんぱく質、Ca、Mgなど)
栄養を補うためだけでなく、食事を楽しくおいしく摂ることで元気もわいてきます。
そこで今回は、“プチうつ”対策料理をご紹介したいと思います。 
最近、「うつは1ヶ月」というCMをTVで見ます。
1ヶ月辛かったら病院へ行きましょう
と呼びかけています。
うつ病で治療を受けている人は増えていますが、
その一歩手前で、強いストレスを感じている
“プチうつ”状態の人はものすごく多いようです。
厚生労働省が行った研究では、
日本人におけるうつ病の有病率は6.5%、
日本人の15人に1人は1生に1度
うつ病にかかる可能性があると考えられています。
そこで、自分でできる“プチうつ”からの脱出について考えてみたいと思います。 
そういえば・・・
最近あまりよく眠れない。元気がでない。
くよくよする。楽しかったことが、楽しく感じない。
もしかして・・・
とこんな風にまず気がつく、
気づいたら次はセルフコントロール
生活習慣(早寝、早起き、食事)や仕事の量を見直して
“プチうつ”のうちに
自分の心と体の健康を立て直しましょう。